利用者:Manimani

提供: ですまち都市情報Wiki
2018年1月31日 (水) 04:55時点におけるManimani (トーク | 投稿記録)による版

移動先: 案内検索

書きかけの記事を作ったり,記事にいろいろつけ足したりしてます

ですまちメンバーです!!

「で」クショナリー(ですまち用語辞典)の執筆を試験的に開始しました。

作ったテンプレートのご紹介

たとえば、Desuという利用者記事は、記事名の制約によって頭文字が大文字になってしまいますが、このテンプレートを使って頭文字を小文字に変更しています。アクセスしてみると、記事名とページ名に相違があることがお分かりいただけるはずです。

編集方針

孤立ページ排除の方針

どの記事も最低一つ以上の相互リンクを持ち、カテゴリに属するようにする方針です。
片リンクでは、記事が孤立してしまう要因になるので避けるべきです。例えば、「さがわ温水プール」から「狭川区」にリンクしていても、「狭川区」から「さがわ温水プール」にリンクしていなければ、さがわ温水プールの記事にたどりつくことが困難となります。
相互リンクを貼ることも方法の一つですが、最も良い方法はカテゴリ分けすることです。

カテゴライズの際の注意点

記事をカテゴリに属させる時は、不要な場合を除いて必ずソートキーを入力してください。
通常はひらがな50音の順に分類するため、ソートキーはひらがな清音で入力します。濁音・半濁音は清音になおし、拗音(小さい「つ」)は直音になおし、長音は母音になおします。

例.
さがわ温水プール→さかわおんすいふうる
鷲雲大社→わしくもたいしや

ほかにも、ソートキーには数字やアルファベットも使えます。いずれも、若い順から並べられます。

  • 特例的に、国道n号・県道n号はそれぞれ「国n」「県n」というソートキーにしています(nには任意の整数が入る)。

作成したカテゴリ

いろいろカテゴリ作ってるうちにわかんなくなってきたので、この節はもう追記しません。
カテゴリの管理を放棄してるわけじゃないですけど、特別:カテゴリからアクセスするほうが楽なんだもん...。




作成を検討しているカテゴリ

  • 狭川区の駅:路線数、駅数が増えたら作っちゃった方がいいかも?
  • 各地域の建築物:建築物が増えたら、各区の建築物に下位カテゴリ作って地域ごとに細分化した方が見やすそう

カテゴライズに悩んでいるページ

メインページはカテゴリ分けする必要ないので良いのですが、desuたちの街づくり日記のページをどのカテゴリに入れるか、すっごく悩んでいます。おそらく、このページにリンクしてるのは、メインページと「利用者:Desu」くらいなものでしょうから...。
ちなみに、利用者ページはカテゴライズしません。私は特に何も言わないと思うので、やりたい人は自由にやって、どうぞ。

実在しないドメインへは外部リンクを貼らない

あくまでもネタとして、実在しないしないドメイン(example.comなど)へのリンクを「外部リンク」として掲載しているページが見受けられます。
ネタであることはとっても理解できますが、そのドメインを誰かが取得して実際にホームページなどに利用してしまった場合、ネタでは済まなくなってしまいます。その記事が原因で、縁もゆかりもない第三者に問い合わせされてしまい、ご迷惑をお掛けしてしまう可能性があります。

心苦しいけど、そのような理由から、実在しないドメインへの外部リンクは削除させてもらいます。ご理解ください。

大言壮語はしない

これは禁止というわけではなく、あくまでも私の個人的な編集方針にすぎません。

その理由ですが、このWikiは全体的に見て、Wikipediaをモチーフにした文体が使われる傾向にあります。Wikipediaと似た雰囲気を尊重し、大言壮語などで着飾ること無く内容の充実した記事を作るために、あえて大言壮語を使わないことにしています。
ただし、このWikiでは、ネタ要素は禁止されていません。ネタとして大言壮語な記述を使う分には、別に問題ないのではと思います。

※大言壮語とは、「すごく」「とても」「なんと」「いよいよ」「最も重要な」「議論の余地のないほど」「話題となった」「屈指の」「国民的な」といった大げさな表現を指します。
本家Wikipediaでは、形容詞を使って記事の内容を膨らませるのではなく、事実のみでその話題の価値を示すことにしています。ただし、ですまちは、Minecraftというバーチャルな世界の上で作られた街ですから、Wikipediaと同等もしくはそれ以上の記事品質が求められていると考えている訳ではありません。
しかし、大言壮語は多くの場合、記事の文字数が余計に膨れ上がるだけの存在であり、読み手にとっては役に立つ情報とはなりません。
そのことを念頭に入れ、「ネタなのかそうでないのか」ということを主軸に判断し、大言壮語をそのままにするか書き換えるかを考えています。

「おまかせ表示」がたのしい

た  の  し  い

ただ楽しいだけではなく、スタブ記事や孤立した記事などにもクリック一つで辿り着けるのがポイント。
スカントなども、おまかせ表示を使ってテコ入れした記事の一つになります。

P.S.記事数がたったの20個くらいしかないから30分くらいでおまかせ表示に飽きたわ(・∀・)