「利用者:Manimani」の版間の差分

提供: ですまち都市情報Wiki
移動先: 案内検索
2行目: 2行目:
  
 
ですまちメンバーです!!
 
ですまちメンバーです!!
 +
 +
== プロフィール ==
 +
*2000年生まれの生粋のアホ。
 +
*福岡生まれ、福岡育ち。
 +
*幼少期から輸送機器(いわゆる乗り物)に対して強い興味を持つ。
 +
*趣味は乗り鉄、乗りバス、飛行機など。
  
 
== 作ったテンプレートのご紹介 ==
 
== 作ったテンプレートのご紹介 ==
77行目: 83行目:
 
<span style="font-size:x-small">P.S.記事数がたったの20個くらいしかないから30分くらいでおまかせ表示に飽きたわ(・∀・)</span>
 
<span style="font-size:x-small">P.S.記事数がたったの20個くらいしかないから30分くらいでおまかせ表示に飽きたわ(・∀・)</span>
  
== 最近の悩み ==
+
== たわごと ==
 +
 
 +
=== 最近の悩み ===
 
[http://ja.wikipedia.org/wiki/石油ファンヒーター 石油ファンヒーター]というものを親から買ってもらったのです。<br>
 
[http://ja.wikipedia.org/wiki/石油ファンヒーター 石油ファンヒーター]というものを親から買ってもらったのです。<br>
 
部屋のドアを開けっ放しにしても室温が上がり続けるという程暖かいので大満足なのですが、灯油が減るのも早くて...。5Lの灯油がおよそ3~4日で無くなってしまうというペース。<br>
 
部屋のドアを開けっ放しにしても室温が上がり続けるという程暖かいので大満足なのですが、灯油が減るのも早くて...。5Lの灯油がおよそ3~4日で無くなってしまうというペース。<br>
83行目: 91行目:
 
冷え症でよく手足が冷えるので、厚着じゃどうにもならないしなぁ...。
 
冷え症でよく手足が冷えるので、厚着じゃどうにもならないしなぁ...。
  
== コラム「閑話休題」 ==
+
=== MediaWikiの良いところ ===
 +
 
 +
MediaWikiはなんといっても構文が分かりやすく、ソースに適当なインデントをつけておけば非常に可読性の高いソースを書けるところが素晴らしいですね。<br>
 +
ブログなんかだとビジュアルエディタを使ってるところが多く、記事のデザインが直感的に分かる利点がありますが、ソースを直接弄るのと比べれば自由度が低いので残念。
  
=== Vol.1 「しがらみのない人間関係」 ===
+
=== 人間関係に関するたわごと ===
  
 
ネットでは人間関係が希薄になると、よく言われます。
 
ネットでは人間関係が希薄になると、よく言われます。

2017年12月19日 (火) 08:51時点における版

書きかけの記事を作ったり,記事にいろいろつけ足したりしてます

ですまちメンバーです!!

プロフィール

  • 2000年生まれの生粋のアホ。
  • 福岡生まれ、福岡育ち。
  • 幼少期から輸送機器(いわゆる乗り物)に対して強い興味を持つ。
  • 趣味は乗り鉄、乗りバス、飛行機など。

作ったテンプレートのご紹介

たとえば、Desuという利用者記事は、記事名の制約によって頭文字が大文字になってしまいますが、このテンプレートを使って頭文字を小文字に変更しています。アクセスしてみると、記事名とページ名に相違があることがお分かりいただけるはずです。

編集方針

孤立ページ排除の方針

どの記事も最低一つ以上の相互リンクを持ち、カテゴリに属するようにする方針です。
片リンクでは、記事が孤立してしまう要因になるので避けるべきです。例えば、「さがわ温水プール」から「狭川区」にリンクしていても、「狭川区」から「さがわ温水プール」にリンクしていなければ、さがわ温水プールの記事にたどりつくことが困難となります。
相互リンクを貼ることも方法の一つですが、最も良い方法はカテゴリ分けすることです。

カテゴライズの際の注意点

記事をカテゴリに属させる時は、不要な場合を除いて必ずソートキーを入力してください。
通常はひらがな50音の順に分類するため、ソートキーはひらがな清音で入力します。濁音・半濁音は清音になおし、拗音(小さい「つ」)は直音になおし、長音は母音になおします。

例.
さがわ温水プール→さかわおんすいふうる
鷲雲大社→わしくもたいしや

ほかにも、ソートキーには数字やアルファベットも使えます。いずれも、若い順から並べられます。

  • 特例的に、国道n号・県道n号はそれぞれ「国n」「県n」というソートキーにしています(nには任意の整数が入る)。

作成したカテゴリ

いろいろカテゴリ作ってるうちにわかんなくなってきたので、この節はもう追記しません。
カテゴリの管理を放棄してるわけじゃないですけど、特別:カテゴリからアクセスするほうが楽なんだもん...。




作成を検討しているカテゴリ

  • 狭川区の駅:路線数、駅数が増えたら作っちゃった方がいいかも?
  • 各地域の建築物:建築物が増えたら、各区の建築物に下位カテゴリ作って地域ごとに細分化した方が見やすそう

カテゴライズに悩んでいるページ

メインページはカテゴリ分けする必要ないので良いのですが、desuたちの街づくり日記のページをどのカテゴリに入れるか、すっごく悩んでいます。おそらく、このページにリンクしてるのは、メインページと「利用者:Desu」くらいなものでしょうから...。
ちなみに、利用者ページはカテゴライズしません。私は特に何も言わないと思うので、やりたい人は自由にやって、どうぞ。

実在しないドメインへは外部リンクを貼らない

あくまでもネタとして、実在しないしないドメイン(example.comなど)へのリンクを「外部リンク」として掲載しているページが見受けられます。
ネタであることはとっても理解できますが、そのドメインを誰かが取得して実際にホームページなどに利用してしまった場合、ネタでは済まなくなってしまいます。その記事が原因で、縁もゆかりもない第三者に問い合わせされてしまい、ご迷惑をお掛けしてしまう可能性があります。

心苦しいけど、そのような理由から、実在しないドメインへの外部リンクは削除させてもらいます。ご理解ください。

大言壮語はしない

これは禁止というわけではなく、あくまでも私の個人的な編集方針にすぎません。

その理由ですが、このWikiは全体的に見て、Wikipediaをモチーフにした文体が使われる傾向にあります。Wikipediaと似た雰囲気を尊重し、大言壮語などで着飾ること無く内容の充実した記事を作るために、あえて大言壮語を使わないことにしています。
ただし、このWikiでは、ネタ要素は禁止されていません。ネタとして大言壮語な記述を使う分には、別に問題ないのではと思います。

※大言壮語とは、「すごく」「とても」「なんと」「いよいよ」「最も重要な」「議論の余地のないほど」「話題となった」「屈指の」「国民的な」といった大げさな表現を指します。
本家Wikipediaでは、形容詞を使って記事の内容を膨らませるのではなく、事実のみでその話題の価値を示すことにしています。ただし、ですまちは、Minecraftというバーチャルな世界の上で作られた街ですから、Wikipediaと同等もしくはそれ以上の記事品質が求められていると考えている訳ではありません。
しかし、大言壮語は多くの場合、記事の文字数が余計に膨れ上がるだけの存在であり、読み手にとっては役に立つ情報とはなりません。
そのことを念頭に入れ、「ネタなのかそうでないのか」ということを主軸に判断し、大言壮語をそのままにするか書き換えるかを考えています。

「おまかせ表示」がたのしい

た  の  し  い

ただ楽しいだけではなく、スタブ記事や孤立した記事などにもクリック一つで辿り着けるのがポイント。
スカントなども、おまかせ表示を使ってテコ入れした記事の一つになります。

P.S.記事数がたったの20個くらいしかないから30分くらいでおまかせ表示に飽きたわ(・∀・)

たわごと

最近の悩み

石油ファンヒーターというものを親から買ってもらったのです。
部屋のドアを開けっ放しにしても室温が上がり続けるという程暖かいので大満足なのですが、灯油が減るのも早くて...。5Lの灯油がおよそ3~4日で無くなってしまうというペース。
ちょっとだけ肌寒いという時、暖房をつけるか我慢するのかという葛藤が良く起こるのです。
冷え症でよく手足が冷えるので、厚着じゃどうにもならないしなぁ...。

MediaWikiの良いところ

MediaWikiはなんといっても構文が分かりやすく、ソースに適当なインデントをつけておけば非常に可読性の高いソースを書けるところが素晴らしいですね。
ブログなんかだとビジュアルエディタを使ってるところが多く、記事のデザインが直感的に分かる利点がありますが、ソースを直接弄るのと比べれば自由度が低いので残念。

人間関係に関するたわごと

ネットでは人間関係が希薄になると、よく言われます。

ネットでは現実世界と違い、同じ趣味の人や、自分と気が合う人と知り合いやすいという特徴があります。
現実世界で人と知り合う時は、たいてい相手の趣味も性格も興味もなにも知らないところから人づきあいが始まるので、よほど人とすぐ打ち解ける人ではない限り、最初はそこまで相手のことを信用しないことが多いです。
その反面、一度できた信頼関係は強固で、相手に多少裏切られたりしても、信頼関係がすぐに破綻してしまうということはあまりありません。それに、職場や近所繋がりといった「しがらみ」があるわけで、なかなか縁を切りにくいという特徴もあります。

一方、ネットで人と知り合う時は、相手がどんな人なのかを知った上で知り合うことが多いです。初めて絡んだ人とわずか数日ですっかり仲良くなったりすることはよくありますし、信頼関係も割とすぐに築けたりします。しかし、そうやって築いた信頼関係は脆く、簡単に破綻してしまいます。そのうえ、現実での人間関係という「しがらみ」がないことで、非常に簡単に縁を切ることができます。相手が嫌だと思ったら、ブロックボタンをクリックするだけで簡単に絶縁できます。

これはどういうことかというと、例えば「ちょっとした『悪ふざけ』のつもりで相手をdisったり嫌がらせをしたことがきっかけで相手が激怒し、ブロックされて絶縁された」といったことも常に起こりうるというわけです。
実際にですまちでもそういったことは過去に起きたことがあるわけで...。当時は、いつですまちが解散になってもおかしくないなって本当に思ってました...。(色々都合があってあまり多くは語れませんがね)

人間関係はいつでも簡単に壊れてしまうことを意識して、慎重に行動する必要があります。一度人間関係に深い傷が入ってしまえば、後悔どころでは済まなくなってしまいますからね。
特に、自分が悪ふざけのつもりで絡んでるとき、相手はそれをネタとして受け入れて楽しんでいるのかどうか。よくある「軽い遊びのつもりが『いじめ』に発展した」というパターンになってしまっていないか。ネットでは、言葉だけで会話する機会がとても多いので、そういうトラブルは多いのです。